デジタルオーディオ入門

デジタルオーディオの基本から話題のハイレゾ音源まで!

リニアPCMレコーダーPCM-A10

ソニーから、リニアPCM 96kHz/24bitのハイレゾ音源を手軽に録音・再生できるリニアPCMレコーダー「PCM-A10」が発売されます。

特徴は、録音レベルを自動調整する「リハーサル機能」や、録音開始時点の約5秒前から録音を開始できる「プリレコーディング機能」)など、音楽録音が初めてのユーザーでも、操作しやすい機能を充実させたモデルとなっていて、ハイレゾ対応マイクユニットを内蔵した、可動式マイクの機構を最適化して搭載されています。


録音時に音源を圧縮せず、純粋な音のまま録れるリニアPCM録音形式では、原音のひとつひとつをありのままに録音することができますから期待の一品ですね。


また、Bluetooth接続したスピーカーやヘッドホンでのワイヤレス再生に対応していて嬉しい半面、対応コーデックはSBCのみとなっているのが残念ですね。


内蔵メモリーが16GB、microSDHC/microSDXCメモリーカードに対応しており、リチウムイオン充電式電池を内蔵、録音時の電池持続時間は、リニアPCM 96kHz/24bitが15時間、リニアPCM 44.1kHz/16bitが20時間、 MP3 320kbps(ステレオ)が22時間、MP3 192kbps(ステレオ)が22時間、MP3 128kbps(ステレオ)が22時間、MP3 48kbps(モノラル)が24時間となっています。


重量は約82gの軽さで、付属品としてキャリングケース、ウインドスクリーンなどがあり、市場想定価格は20,000円前後(税別)となっています。


今どき証拠品として会話の録音が流行っているようですから、結構売れるかもしれませんね!


量子化

音の大きさというのは、音の圧力で表されるのですが、それをマイクなどで拾うと電気信号に変換され、電圧の大小で表現されます。


音圧も電圧もアナログデータとなるのですが、それをデジタルデータに変換することをAD変換といって、アナログの音の大きさ、つまり電圧を16ビットの値に置き換えていくことを量子化といいます。




実際、AD変換する際の音の電圧は、使用する部品や回路構成によって異なるのですが、一般的には5Vや3.3Vという値になり、5Vのアナログ量を65536段階に細かく分けていくと、1段階は5/65536 = 0.076mV、つまり76 μVとなります。


このとき16ビットではなく業務用などで使われている24ビットの場合では、16777216段階となって、5Vのアナログ量をAD変換する場合、1段階が0.298 μVという精度になります。


  • CD音質 44.1kHz 16bit
  • DVD音質 48kHz 24bit
  • 電話通話音質 8kHz 8bit



2018 東京インターナショナルオーディオショウ

日本インターナショナルオーディオ協議会が、2018年11月16日(金)から18日(日)までの3日間、東京国際フォーラムにて「2018 東京インターナショナルオーディオショウ」を開催!


この東京インターナショナルオーディオショウは、国際的に優れたオーディオ技術と文化を世界中の製品を通して案内するイベントとして、1983年に「輸入オーディオショウ」として初開催以来、今回の開催で第36回を迎えるそうで、入場は無料となっていて、入場には当日に会場受付での登録か、事前にウェブサイトより登録用紙をダウンロードして受付に提出する必要があるのだそうです。


今回、32社がブースを構え、国内外約200ブランドの各種オーディオ機器が出展されるようで、定番モデルはもちろん、最新技術を満載したニューモデル、普段は目にしにくい超高級機など、その種類は多種多様となっているようですから、この機会にたくさんのオーディオ機器に触れてみたいものですね。


2018東京インターナショナルオーディオショウの開催概要

日時
2018年11月16日(金) 10:00 ~ 19:00
2018年11月17日(土) 10:00 ~ 19:00
2018年11月18日(日) 10:00 ~ 17:00
会場
東京国際フォーラム(東京都千代田区丸の内3-5-1)
主催
日本インターナショナルオーディオ協議会(IASJ)